副栄養素の重要性を理解する

まず最初に副栄養素の摂取量で私たちがどのような代謝を行っているのかを説明してみよう。
例えば、今朝食べた朝食の中にカロリーが10入っていてビタミンが3しか入っていなかったと仮定すると、私たちの体の中で行われる代謝でエネルギーの生産は、理論上ビタミンと同じ3までということになる。(カロリー10の内、3はエネルギーに変えられ、7が余る。ビタミンは3すべて使われ0になる)
余ったカロリー7は体にさまざまな形で蓄えられ、皮下に貯まれば皮下脂肪に、内臓周辺に貯まれば内臓脂肪に、肝臓に貯まれば脂肪肝に、動脈に貯まれば動脈硬化を引き起こす原因となっている。
もしも毎食毎食このカロリー10とビタミン3のバランスで食事を摂り続けていけば、毎食毎食必ず7が余り続けることになる。つまりそれが肥満であり、ゆくゆくは成人病をつくることになる。
摂取したカロリーを効率的に過不足なくエネルギーに変えるには、必ずそれに見合うビタミン摂取量が最低限なければダメなのだ。カロリーが10ならビタミンは10以上。これをしっかりと覚えておいてほしい。
現代人の代謝のイニシアチブを握っているのは、不足しているビタミンをはじめとする副栄養素の摂取量なのだから。

現代食が肥満をつくる本当の理由
カロリーをエネルギーに変えるとき、必ずそれに見合った量のビタミンが必要です。ビタミンが3までしかなければ、カロリーも3までしか使えないのです。
カロリーの余りの7は、前述の理由で排泄できずに体内に貯蔵されます。カロリーを10使い切るためには、最低限、カロリーに見合ったビタミンが10以上なければ、カロリーを余すことなく代謝はできないのです。

現代版加工食品の増加と逆下降食品の必要性
加工とは、精米のように機械を使って素材を処理することだけでなく、収穫した素材を時間をかけ輸送したり、料理の際に水につけたり加熱することも加工といいます。つまり私たちが口にする現代食のほとんどは『カロリーを温存し、ビタミン・ミネラル・ファイバーなどの栄養素を壊すか削るかすて、取り除く』作業といえます。

現代版加工食品(現代食)
カロリー代謝に必要な副栄養素を加工によって失います。どこで摂った副栄養素で温存したカロリーを代謝するのでしょうか。

逆下降食品=サプリメント
逆加工によりカロリーを取り除き、副栄養素を温存した食品=サプリメント。サプリメントは現代の加工食品(現代食)を摂っている人には不可欠な食品です。薬ではなく食の延長線上でとらえなければなりません。つまり、逆下降食品=サプリメントとなるのです。

おすすめホームページ

  • 下半身に力強さを感じなくなったらシアリスでの対策が効果を発揮します。
  • 「育毛日記」では飲む育毛剤についての詳細レポートを公開しています。
    ミノキシジルタブレット
  • 抗生物質.bizは個人輸入で常備薬を購入する際の知識集です。
    クラビット
  • エアコン取り付け.bizは取り外しや分解クリーニングも大歓迎です。
    エアコン取り付け
  • みんな大好きなスマホでのゲームアプリ。初心者の方にも分かり易いように、楽しく遊ぶ為のポイントを紹介しています。
    ゲームアプリ総合情報のホームページです。
  • 以前は価格の高いイメージのあった抜きゲーですが、最近はクオリティの高いものを低価格で購入できるようになっています。人気作から最新タイトルまで様々なジャンルを網羅した情報サイトはこちらです。